所在図・配置図の書き方

所在図

所在図

所在図には、自動車の使用の本拠の位置(自宅等)と車庫の位置関係を記します。

車庫証明申請の為には、自動車の使用の本拠の位置と車庫までの直線距離が2km以内でなければなりません。しかし、車庫までの距離と言われても、中々測定することが難しい場合もあります。
そんな際は、以下のようなウェブ上で公開されている距離測定サービスを利用すると良いでしょう。

R1web

所在図には、自動車の使用の本拠の位置、車庫以外にも、車庫を特定するために近隣の店舗や施設、路線名などを記入します。
この所在図を基に、所轄警察署の交通課担当官が車庫の調査に訪れます。

また、通常の地図のコピーに上から使用の本拠の位置と車庫を書き加える事でも申請は可能です。

配置図

配置図には車庫、車庫周辺の寸法を記入します。

寸法の記載が必要な場所

① 車庫(縦、横)

② 車庫の出入り口

③ 車庫前面道路の幅員

④ 屋根の高さ(立体駐車場等の場合)

以上となります。

モータープールや月極めの駐車場を借りる場合は、大家様や管理者様が駐車場の配置図を持っている場合もありますので、事前に問い合わせてみると良いでしょう。

シャッター等

シャッター等の有無を記入してください。また、シャッター以外にも警察署担当官の調査に支障をきたすような事由があれば、事前に申告しておくことをお勧めいたします。

代替車両

代替車両とは以前にその車庫で車庫証明申請が行われていないか?という事です。車庫証明は、1つの車庫に対して1台しか受け付けられません。ですから、以前の車庫登録が残っているままだと新しく車庫証明申請をする事が出来ません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ